【子どもと遊ぶ】小さい子どもでも楽しめる「色水遊び」は楽しみながら色彩感覚を養えるのでおすすめです

色水

暑い時期が続きますね!お外遊びもちょっとしんどい・・・そんな時に楽しい水遊びですが、すこし道具をつかって「色水遊び」をプラスするとさらに幅が広がります。

あるふぃーる
あるふぃーる
暑いときにはこの遊びが我が家の定番です。

 

色水遊びメリット

色水遊び

「この色を混ぜるとどうなるんだろう」

「紫ってどうやって作るんだろう」

というふとした疑問をすぐに試すことができ色彩感覚を養うことができます。

実際我が家の子どもたちは自分たちで考えて、黄色や紫色を作って遊んでいます。遊んでいるうち無意識に色彩感覚を養うことができる色水遊び。

材料、作り方を見ていきましょう。


色水遊びの材料

我が家での色水遊びで使うものは以下の通りです。

絵具ダイソーなど100円ショップで購入可能です
紙コップ透明のものが外側から見えてきれいです
混ぜる棒など水を混ぜるもの。我が家は割りばしを使っています

大体100円ショップでそろいます。

 

絵具

ダイソーに108円で12色入ったタイプがあります。量は少なめですが1回色水遊びするのにちょうどいい量でコスパがよいです。


色水のやり方

やり方は簡単です。

  1. コップにお水を入れる
  2. 絵具を入れる
  3. 混ぜる

これで色水の完成です。

絵具そのまま使ってもいいですし、混ぜていろいろ実験してもいいです。

 

色水


こどもにおすすめの声かけ

子どもは勝手に遊んでくれますがどうせなら親も一緒に遊びたいですよね。その時に子どものテンションが上がる声かけをご紹介します。

「●●色と●●色混ぜると何色になる?」

小さい子向けの声かけです。例として「赤色と青色混ぜると何色になる?」と声をかけると「むらさき!」と返ってきます。けっこうな声かけパターンになるので長い間遊んでくれます。

●色作るためにはなにを混ぜたらいい?

年長さん~小学校低学年向けの声かけです。親自身も色を把握する必要がありますが、わからなければ子どもと一緒に実験してみても面白いです。茶色など赤に白や黒が入ってくと難易度が上がります。

ジュースください

色水でジュース屋さんのごっこ遊びができます。ブドウジュースやイチゴジュースたくさんできます。

コーンスープ

こちらは子ども曰くコーンスープとのこと。料理屋さんができます。

下のピンクは色水を使ったスライムです。作り方はこちらの記事を参考にしてください。

スライムつくり
【子どもと遊ぶ】スライムの作り方!ほう砂(ほうしゃ)をドラッグストアで購入できたので念願のスライムを作ってみました!スライム・・・あのぷにぷにぐにょぐにょした手触りは子どもたちは大好き! このスライムをぜひ子どもたちと作りたい! いろいろ調...

色水遊びの注意点

楽しい色水遊びですが注意するポイントがあります。

汚れてもいい服装で遊ぶ

絵具を使うので大変汚れます。汚れを気にしながら遊ぶのは親も大変ストレスなので汚れてもいい服装で遊びましょう。

1歳から2歳は口に入れる可能性があるので食用色素で色付けする

3歳以降だとあまりないのですが、1歳から2歳ぐらいの小さい子どもの場合、口に入れてしまう場合があります。口に入れてしまう可能性がある場合は、食紅などの食用色素を使って色付けすることをお勧めします。

室内は向かないのでやる場合はお風呂で

お部屋でやると水が飛び散ったり大変なことになるので、雨などで外に出られないけどどうしてもやりたい場合はお風呂の中でやることをお勧めします


まとめ

遊びながら学べるって理想ですよね。遊びながら色彩感覚を養うことができる色水遊び。

暑い記事におすすめの遊びです。ぜひ子どもとやってみてくださいね!

我が家は週末また色水遊びです。


子育て中役立つ情報がたくさんあります。
ぜひのぞいてくださいね!
にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


スポンサードリンク

ABOUT ME
あるふぃーる
関東在住。アラフォー3学年差3姉妹のママです。 子育てで体験したことや 独学で保育士試験に受かった話など今後追加していきたいと思います。